熱海こがし祭り無事終了です

7月15・16日に行われた

「来宮神社例大祭」「こがし祭山車コンクール」が無事に終了しました。

 

昼間は宮神輿といってそれぞれの町内が参加して来宮神社の御神輿を担ぎます。

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事 熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事今年は天気が良くて炎天下の中大変でしたね。

 

来宮神社さんの御鳳輦の方たちは、むぎこがしを撒く天狗様の誘導で

「浜降り」をして海に入ります。

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事来宮の神様を乗せて担ぎ、熱海の街の繁栄を祈って海中を歩くそうです。

天狗様にむぎこがしを撒いてもらうと、今年1年健康に過ごせて、

御鳳輦の方たちは42歳の厄年の厄をおとしてもらうのです。

 

 

夜は山車コンクールがあります。

審査員会場で審査員の方たちにアピールします。

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事

昼間の審査員会場は静かなんですね。笑

 

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事 熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事・総合優勝 さすがに33個の山車は載せられませんが、

こんな感じの山車がでます。

 

審査はの対象は

「木彫りの部」「装飾の部」「総合優勝」があります。

 

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事普段お仕事頑張っている熱海出身のランハートstaffも

お祭りに参加してました。

町内は違いますけど。笑

楽しませていただきました!!

 

総合優勝の町内さんは新聞に載りました。
熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事実は私が子供の頃から参加している町内で

20年ぶりの総合優勝だったんです!!

私も2回目の優勝だったのちゃんと覚えてました!!

年齢がバレますね。笑

 

熱海・こがし祭・2018.7.15.16・来宮神社例大祭・ランハート(株)・楽しい行事各町内の順位はこんな感じでした。

 

来年はどんなお祭りになるかわかりませんが

熱海に遊びに来て楽しんでもらいたいですね。

7月15・16日は熱海のお祭りに向けて

熱海では7月15・16日「こがし祭山車コンクール」が行われます。

33の町内がそれぞれテーマを決めて山車をつくり装飾の評価や

太鼓の賑やかさなどを審査してもらいます。

 

そのために熱海市内では

7月1日から町なかでそれぞれの町内が太鼓の練習を始めます。

熱海・こがし祭・2018年7月15・16日

熱海に住んでる人にとっては見慣れた光景ですが、

よく観光客の方は見学されていきます。

熱海・こがし祭・2018年7月15・16日太鼓の数は限られていますので、審査会場前で叩けるのはごく少人数

上手に叩けている子供だけが叩く事ができます。

なので、会場前で叩くために2週間という短い期間の中で一生懸命練習します。

 

もちろん山車も審査の対象なので、大人たちが試行錯誤して作成します。

ここが勝負の2週間です。笑

 

当日の完成した山車が楽しみですね。

もちろん私も参加します!!

 

 

今年は50回目の山車コンクールです。

3連休という恵まれた環境なので、

沢山のお客さんが熱海に来て楽しんでいただけたらと思います。

 

表を剥がして表替

畳の表替のときは表を剥がします。

そのためには、まず縁を剥がしていきます。

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方縁が繋がっている糸を工具で切っていきます。

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方こんな道具を使います。

縁剥がし(アポロ)というお名前がついているらしいです。

 

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方 ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方意外と簡単にはがれちゃいます。

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方縁を剥がしたあとは、いよいよ表を剥がします。

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方小包丁を使って表がくっついている糸を切ります。

こちらも簡単に切れていきますね。

 

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方気持ちよく切れていきます。

私もやってみたいです。笑

 

ランハート株式会社・畳・表替・快長院・工具・縁の剥がし方
これを繰り返して、表をはがし
新しい表と縁をつけていきます。なかなか見れない作業現場の風景でした。

中国産と国産の違い

まず、畳表を製造する過程です。

 

い草の植付→い草の刈り取り→染土加工→乾燥→織機で畳表に加工→クリーン加工

という工程で畳の表が出来上がります。

 

い草は主に国産と中国産のものがあります。

 

中国産の畳表

 

中国国内で植付されたい草を使用します。

染土は日本とほぼ変わらないですが収穫の時期が5月頃になります。

収穫時期が早いため表面がやわらかく表面が剥けやすいので、染まりにくく

染色の加工をする。

急速に乾燥させるので、水分がほとんどありません。

そのため香りは少し弱めになります。

 

 

国産の畳表

 

日本国内で植付されたい草を使用します。

土壌もしっかり管理され、収穫時期は6月末頃になります。

染土は天然のみの使用。

時間をかけゆっくり乾燥させるので、ある程度水分を含み香りが強い。

 

 

国産と中国産の畳表は根本的な違いはありません。

中国産の方が刈り込みの時期が早くて乾燥に時間をかけないということ。

若いい草は染まりにくく、乾燥しすぎているものは硬く割れやすいってことですね。

 

い草の輸入には厳しい審査や輸入制限がありますので、

その審査に受かった畳表しか輸入されません。

 

今回は国産と中国産のい草についてお話しましたが、決して中国産のものが悪いというわけではありませんので、お間違えのないように。

 

要するに・・・

工程の違いによって多少の色の違いや強度、

香りの違いがお値段になってくるということですね。

 

 

 

畳替えの目安年数

畳はグレードにもよりますが

 

床の中身から変える新畳は約10年~15年

表のゴザを替える表替は約5年

はった表を裏にする裏返しは約2~3年

 

弊社のお値段はそれぞれこのような価格(税抜き)になっています。

 

新畳→¥9,000~

表替→¥5,000~

裏返し→¥3,500~

 

ご自宅の畳の状態が気になる方は是非お電話を!!

下見は無料です!

 

ランハート株式会社

TEL:0557-81-3144

 


 

最近の記事

人気の記事